3/22 4:16更新

日付会社名News&Chart
3/21 Megaworld Corporation(MEG)2017年に開発を始めたCavite・General TriasのMaple Groveへの投資を拡大すると発表。当初10年間で100億ペソの予定だったが、根強い需要に対応するため150億ペソに引き上げる。一環として商業用地の他に、17階建てで93部屋のオフィスビルOne Corporate Placeを立ち上げた。またまた住宅用コンドミニアムThe Verdinを中心にした24,000平方メートルに及ぶライフスタイルモールをスタートさせる。(Jon Quijan) 
3/21 Asian Terminals, Inc.(ATI)マニラ港とバタンガス港で取扱われた過去最高の貨物量に支えられて、2018年の通年売上高は前年の106億ペソから15.8%増加して123億ペソ、純利益も15.9%増の29億ペソで大幅な増収増益を達成。さらに需要の増加を見越して、今後2年間で147億ペソを投資して、マニラ港およびバタンガス港での拡大プロジェクトを推進すると発表。バタンガスコンテナターミナルの拡張は第2四半期中に完了する予定で、これにより、処理応力は現在の35万TEUから年間45万TEU以上に拡大する。(Jon Quijan) 
3/20 Crown Asia Chemicals Corporation (CROWN)クラーク国際旅客ターミナルと交通アクセスをつなぐ通路にCROWN Pipesが採用される。受注金額は明らかにしていない。(Nishina) 
3/20 Century Properties Group, Inc.(CPG)2018年はマンション3棟、高層ビル1棟、そして新規分野の中所得層向け住宅259棟が寄与し、売上高は前年同期比60%増の107億ペソ、純益は同72%増の11億ペソを記録。同社は21年までに32棟のオフィスビルと商業ビルを所有する中期計画にそり、今年度は4棟を完成させる予定。そのために80億~100億ペソの投資を行う。(Jon Quijan) 
3/20 Robinsons Retail Holdings, Inc.(RRHI)2018年決算を発表。純益が6.2%増の50億ペソに拡大した。売上高は期中の新規出店104店舗効果もあり、前期比15%増の3兆1,327億ペソであった。(Jon Quijan) 
>>more>>
inserted by FC2 system